Contact us now
+1-888-846-1732

出産内祝い選ぶ時に注意すべき点

出産内祝いを選ぶときに注意しておきたい点があります。新しい生活が始まり、大変ではありますがしっかりとした品物選びをしていきましょう。お返しの品物の金額や、選ぶ品物についてある程度のマナーがきまっています。自分好みのお返しをしてしまうミスをしてしまいがちですが。それが相手にも好まれるかというと、そうではない場合があります。相手の事を考慮したお返しをすることが大切です。贈る品物や金額をまちがえてしまうと相手にとって失礼に当たったり、迷惑になったりする場合もあります。お礼の気持ちで品物を贈ったつもりが、間違った意味で伝わってしまいます。出産内祝いの値段の目安や、品物選びについてご紹介します。ポイントを押さえた品物選びで間違いのない出産内祝いにしましょう。

出産内祝いお返しの品物の金額目安

もらったものの2/1から1/3くらいが目安です。感謝の気持ちを金額で表現したくもなりますが金額以上のお返しをしてしまうと、返って相手に気を使わせてしまいます。どちらのお祝いかわからなくなり本末転倒になってしまいます。あまりきっちりしすぎなくても大丈夫です。おおよその目安で十分です。品物で貰った時は大体の金額を調べてそれに沿った金額のお返しにしましょう。インターネットで調べれば大体は金額を調べることができます。もし、分からない場合は他の方へのお返しと合わせればいいでしょう。あまり深刻に考える必要はありません。品物の値段が分からない場合に誰かに聞く場合は、質問する相手をよく考えてから聞きましょう。共通の友人に聞いた場合は、めぐりめぐって本人の耳に入る可能性もあります。友人に悪気がなくても、気を利かせてしまい本人に聞いてしまった、なんて事もありますので。

金額以上に注意したい品物の選び方

金額が決まればどのような品物をお返しに送るかということになります。お返しの品物を考えるときはまず、自分に置き換えて考えてみましょう。食器等捨てづらい品物は好まれない場合が多いです。捨てづらくても当たり障りなく使えるので大丈夫だと思いがちですが、色、デザイン、サイズ、収納スペース等様々な要素がかみ合わない場合でようやく役に立つ品物になります。それ以外では使わないのだけど、捨てるのも申し訳ない品物になってしまいます。食べ物は賞味期限や、好き嫌い、アレルギー等ありますので、避けたほうがいいでしょう。名入れギフトは間柄によりますが、よっぽど近しい人以外は避けたほうが無難です。相手の喜ぶ品物を返すのが一番ですが、何をお返ししたらいいか分からない場合もあります。そのような場合は、いくらあっても困ることのないタオル等の消耗品や、本人が好きな品物を選ぶことのできるカタログギフトが定番です。地域によって相場や慣習が異なる場合もあります。ある地域では一般的なことが、ある地域では失礼に当たるという場合もありますので、一度詳しい人に相談してみましょう。