Contact us now
+1-888-846-1732

出産内祝いの常識をまとめました

出産内祝いは出産祝いのお礼に贈る物ですが、内祝いの本来の意味は親しい人と喜びを分かち合いたいという気持ちから贈る物でした。現在では出産内祝いは赤ちゃんの名前で贈ることもあり、赤ちゃんが無事産まれたことと名前のお披露目の意味合いが強くなっています。ここでは出産内祝いののし紙の書き方に加え、喜ばれる贈り物と贈った当人は良くとももらった人にとって迷惑になってしまうことがある贈り物について紹介します。のし紙の書き方などの基本的なマナーも大切ですが、贈られる側にとってもらって嬉しい物を贈ることは重要です。また贈る相手によって贈る物の内容を相手に合わせるようにすると喜んでもらえるようになります。しかしながら地域につたわる習慣がある場合には、それに合わせることも大切なこととなります。

出産内祝いののし紙の書き方と喜ばれる贈り物について

まずのし紙は品物を送る両親の名前ではなく、赤ちゃんの名前で贈るようにします。特別珍しい名前ではなくとも、ふりがなを振って贈るようにすることで相手に気を使わせず名前も覚えてもらいやすくなります。加えてのし紙には蝶結びの水引を選び、表書きは内祝いとします。喜ばれる贈り物としては好みが分かれることなく、食べ物のように腐ることがないタオルセットが定番人気です。この他、誰からも喜ばれやすい贈り物としてお米が挙げられ、赤ちゃんの体重と同じ重さの物を贈るということもできます。一方で失礼に当たらない物と考えると何を贈れば良いのか分からないなどの場合には、贈られた側が好みの物を選べるカタログギフトが便利です。また独身の友人であれば少し高級な普段は食べないお菓子なども喜ばれます。

もらって困る贈り物には何があるのか

もらって喜ばれる贈り物がある一方で、もらってもありがた迷惑な贈り物もあります。タオルセットは定番の贈り物ですが、それに赤ちゃんの名前を入れてしまうと、もらった人にとっては自分の子供ではないためとたんにもらって迷惑な物になってしまいます。この他赤ちゃんの写真が入ったグッズやフォトフレームももらった人がかえって戸惑ってしまう物となります。加えて趣味に合わない小物や雑貨、一人暮らしであるにもかかわらずティーセットを贈るなど好みや生活習慣に合わない物ももらって迷惑になりやすい物となります。このため赤ちゃんの名前や写真の入った品物は、赤ちゃんにとっておじいちゃん、おばあちゃんに当たる両親のみに贈るようにします。また贈り物は感謝の気持ちを伝える物であるため、何を贈るか迷った場合には、あまり奇をてらわなくともシンプルな定番商品を選ぶ方が安心できるものとなります。