Contact us now
+1-888-846-1732

出産内祝いのタブーやマナーについて

産後の慌ただしい中でも、お祝いを頂いたら、出産内祝いをお返しとして返さなければいけません。忙しくてつい後回しにしてしまうと、マナー違反やタブーに触れてしまうこともあります。まず、送る時期ですが、以前はお宮参りの後すぐに返していましたが、最近では産後1~2ヶ月以内に送るようになってきました。忘れないようにリストアップしておきましょう。名前の他に、頂いた時期、頂いたもの、おおよその金額が分かると便利です。また、送る内祝いの金額ですが、頂いた額の1/3から1/2程度が目安になります。目上の方から高額なものを頂いた場合は、1/3程度にしますが、半額が相場です。あまりに高額なものや、安いものを贈ってしまうと、かえって失礼になるので気を付けましょう。

出産内祝いのマナーを知っておきましょう

お返しをするのなら、相手に喜んでもらえるものがいいでしょう。自分の好みの雑貨などを贈ってしまうと、趣味が合わずに困ってしまうということもあります。石鹸やタオルのセットなど実用的なものや、お菓子やコーヒーなどのセットが一般的です。会社の同僚など、複数から頂いた場合は、小分けできるお菓子を返すといいでしょう。熨斗は、紅白の物で蝶結びにして、赤ちゃんの名前で送ります。名前にはふりがなを付けると読みやすいでしょう。自分の好みではなく、もらった相手が喜ぶものを基本として選ぶようにします。赤ちゃんの顔写真や名前の入ったお返しは、親しい間柄であれば喜ばれますが、友人などでは捨てられなくて困ってしまう場合もあるので、間柄を確認して贈るようにするといいでしょう。

出産内祝いに送ってはいけないタブーの品物

目上の人には、靴下や下着を贈ってはいけないというタブーがあります。現金や金券も贈るには失礼という習慣がありますが、高額なお祝いを頂いた場合は金券で返すという風習のある土地もあります。履物は踏みつけるという意味があるので、お返しには不向きです。緑茶はお葬式をイメージするので、お祝いごとには使われませんでしたが、最近はそれほど気にしなくなってきました。地方によって緑茶は結婚のお祝いに欠かせないものだというところもあります。さらに、刃物は縁を切るという意味につながるので、お祝いごとには避けられてきましたが、未来を切り開くという意味もあります。住んでいる地域によってとらえ方が大きく変わってくるので、両親など目上の人に確認してから贈るようにしましょう。