Contact us now
+1-888-846-1732

出産内祝いに関する基本知識について

出産祝いをもらうと感謝の気持ちを込めて「出産内祝い」をします。内祝いはお返しとは違い、家の中(内)でおめでたいことがあり、喜びの気持ちを分かち合って祝いたいというのが本来の意味とされていますが、現在はもらった出産祝いのお返しととらえるかたが多いようです。しかし、はじめての経験であればどんなものを贈ったら良いのか、贈り物の金額や贈る時期など悩みます。産後は特にゆっくりと選ぶ時間がとれないまま、本当に贈りたいものが選べなかったとならないように、妊娠中・出産前に選んでおくと良いでしょう。ベビーグッズを販売している店舗には内祝いのカタログ等が置いてあるところもあるので、一度確認してみましょう。赤ちゃんの誕生を祝ってくれた周りの人に感謝の気持ちを込めて贈りましょう。

贈る金額相場と時期は決まっている?

贈る金額は相手によって異なります。もらった品物や金額の半分~1/3が相場といわれています。しかし相手によって一概にこの通りではありません。相場はだいたいのものなので、自分が贈りたいものを選んで決めたならこの金額通りでなくても良いです。しかし気をつけなければいけないのが、高額なものをもらったお返しに相場通りの贈り物をすると、相手に気を遣わせてしまうことがあるので注意が必要です。あくまで相場なのでこだわりすぎるのはよくありません。出産内祝いはお祝いをもらってから1か月以内が理想とされていますが、里帰りや新生児との生活で余裕がなくなることも考えられます。その時は遅くても2か月以内に贈るようにしましょう。あまり時間をあけてしまうと相手に失礼だと思われてしまう可能性もあります。

喜ばれる贈り物は?相手によって変える?

贈り物の金額が決まったらいよいよ贈り物を決めましょう。一般的なのがタオルや洗剤、日持ちの良いお菓子のギフトが選ばれます。出産内祝いで多いのが名入れ商品です。贈る相手や名入れの商品によっては、贈られた相手が使いづらい・食べづらいということもあります。消耗品は喜ばれますが、名入れを希望する場合は考慮する必要がありそうです。現在では贈られた相手が自分で商品を選ぶカタログギフトも種類が多く、人気を集めています。カタログギフトだと贈る側もカタログを選ぶだけなので手間もかかりませんし、贈られた相手もカタログの中から自分で好きな商品を選ぶことができるので大変便利です。地域によって習慣が違っていたりすると贈った商品が失礼にあたることもあるので、遠方のかたに出産内祝いを贈るときは両親や義両親に確認しておくと安心です。